ヤギと共に送る人生とはどういうものなのか

ある雑誌にこんなことが載っていました。
ヤギと人類の共生の歴史は長いとのことです。ヤギは人間の生活に資してきた実績と貢献があります。例えば戦中戦後の日本では,ヤギの乳が食糧難を凌いだということがありました。それだけでなく、明治末期から乳用ヤギが増加し、やがて1957年には67万頭に増え、更には乳量で勝る牛をも凌駕し代替され、乳製品を噴出する主力となりました。近年でも衰えることがなく、増加傾向にありチーズやミルク、ヤギの肉といった乳製品や肉製品としての分野のビジネスも確立し、耕作放棄地の雑草を除草したり、アニマルセラピー効果を期待しての娯楽観賞用としての癒しの目的としての用途もあります。
 ヤギの肉は羊の肉より強い印象があり、美味であるだろうと思われます。人によっては羊の肉が食べるなら1番美味いとのことを言っています。その羊より印象が強いというならば美味いのでしょうが、くせがありそうです。ヤギがこのように利用されているのを始めてこの雑誌から知りました。プロミス契約